どうしたらいい?自分が着たいドレスと人が勧めるドレスが違うとき

試着して客観的に見てみる

足下の裾が広がっているマーメイドラインや腰から下のスカートにボリュームがあるプリンセスラインなど、ウェディングドレスにも色々な種類があります。それぞれ人によって好きなデザインは違うでしょう。しかし、「これが着たい」と思う憧れのドレスと「これが似合いそう」と人が勧めてくれるドレスには違いがある場合があります。実際、自分の好みのドレスが必ずしも似合うとは限りません。体型や身長・雰囲気などによって、着てみたときにしっくりくるドレスは変わってきます。そんなときには試着して見比べてみるのがおすすめです。

写真を撮って全身を見てみる

「ドレスの素材やデザインが好みに合っているものでも、着てみると似合っていなかった」というように、試着してみると想像と違ったということはよくあります。しかし、試着をしても自分と他人の意見が分かれることもあるかもしれません。そんな時には鏡を見るだけでなく、ちょっと離れたところから写真を撮り、前からの姿・後ろからの姿もよく確認するのが良いでしょう。客観的に見比べやすくなります。

最終的に決めるのは自分

ウェディングドレスを試着したら結婚相手だけでなく、同性の人の意見を聞くのも良いでしょう。また、多くの人のドレス選びに携わってきた衣装担当者のアドバイスも参考になります。プロならば見た目だけでなく、動きやすさや着心地まで考えて選んでくれるはずです。それでも自分が着たいドレスと人が勧めるドレスが違うこともあるかもしれません。そんなとき、最終的に決めるのは自分です。後悔しないような素敵な1着を見つけ、思い出に残るドレスを選びましょう。

大阪の結婚式場とは大阪府にある結婚式を執り行う場所のこと、つまり結婚式を行うことを目的とした商業施設の総称と言えます。