結婚式のお料理は何を決め手にする?料理選びのポイントは?

結婚式のお料理にはどんな種類がある?

結婚式のお料理には、フランス料理やイタリア料理、和食など様々な種類があります。また、中華や和洋折衷などのメニューも、ホテルや結婚式場では用意されていることが多いです。

結婚式のお料理は、ゲストへのおもてなしのひとつです。ゲストの年齢層や性別などでメニューを決めるのも良い方法ですね。会場によっては、アレルギーなどに対応してくれるところもあります。新郎新婦の地元の食材を用いたり思い出のメニューを取り入れたりなど、オリジナルのコースを用意してくれるサービスを提供しているケースもありますので、希望があれば相談してみましょう。

最近はお気に入りのレストランで結婚式を挙げるカップルも増えてきていますね。フランス料理やイタリア料理のレストランであれば、本格的なお料理でゲストをおもてなしすることが可能です。

予算に合わせて選ぶには?

一般的に、結婚式のお料理にかける予算の相場は1万5千円程度です。メニューの内容によっては予算内に納まらない可能性もあります。

そんな時はフリードリンクの種類を減らすなどの工夫が必要になってきます。基本の飲み物以外にゲストからのオーダーがあった時に、会場で対応できるかどうかを確認しておくと良いでしょう。

お料理は品数が多いと見栄えも良いですよね。予算が少ない場合は、品数を減らすよりもお料理のランクをひとつ下げる、またはメインの料理をグレードアップするなど結婚式会場のスタッフと相談してみましょう。

ホテルや結婚式場のブライダルフェアは、お料理の試食も行われていることが多いです。ブライダルフェアに参加して、実際のお料理を食べてみて会場の雰囲気も確認してみることをおすすめします。

京都の結婚式場と言えば、神社やお寺のような和風の建物が多くあり、周辺の建物や風景も相まって厳かな雰囲気で格式の高い式をあげることができます。